武田修志著 大学の片隅で……私の教養教育実践

著者は、鳥取大学で30数年ドイツ語を教え続けられ、今年の3月に退官なさった武田修志さん。
本のタイトルは「大学の片隅で」、副題は「私の教養教育実践」。
定価1,400円+税。
自身の高校時代(受験生時代)から語り起こし、
大学時代、そして大学の教官として仕事を全うした一代記ですが、
この50年近い年月の間に大学生気質は一変、
また、大学そのものの制度も激変する中に身を投じた人の、
大学って、何だ論
としても考えさせられる内要になっています。
わけても、「掃除道入門」という講座を教養課程に設けてしまうまで、
掃除というものへ傾倒して行く件は圧巻です。
現在の学生諸君にも読んでもらいたいし、
また、大学で教えている方々や、
大学運営に携わっておられる方々にも是非お読み頂きたい一冊です。
型番 792-3
販売価格 1,512円(税込)
購入数


おすすめ商品


竹岡江見句集 先々

2,700円(税込)


里 2017年6月号

500円(税込)


里2017年7月号

500円(税込)


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって36年が経ち、邑書林を始めて28年が過ぎました。60歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top