堀田季何第3詩歌集 星貌

置き捨てられた《言語》とは何か

多言語多形式で
地球の詩歌シーンを飛遊する
著者の魂を通して
混沌の中から紡ぎ出された
自在季・自在律による
逸脱の俳句集

当時は、星々の、
とりわけ地球という星の
様々な貌を捉えることに
熱心であった。
著者



四六版 並製カバー装 123ページ 
デザイン……寺井恵司

《第二詩歌集『亞剌比亞』
日本語原句全九九句 附録掲載》
同時刊行=第四詩歌集『人類の午後』
型番 908-8
販売価格 2,200円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって42年が経ち、邑書林を始めて31年が過ぎました。63歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top