茨木和生第十一句集 薬喰 KUSURI-GUI

〈2014年 俳句四季俳句大賞受賞句集〉
暮らしの現場、との交感。円熟す!
  私の家では、薬喰は験のものやと、年の暮に一度
  ふんだんに肉を食べて来た。験のものとは、それ
  をしないとどんなまがごとが起こるかも知れない
  と考えてしてきた習わしである。
            …………(あとがきより)
夜の火は近くに見えて山桜
酒機嫌よきもの寄りて夜振かな
青畝直筆の扇ぞ投扇興
常温の切れのよき酒青々忌
のどぐろが出る鮟鱇の福袋
など
   平成二十二年および平成二十三年の三百句収録
   附・季語索引、初句索引
   装画……西村五雲《吉野の桜》

(送料・郵便振替手数料無料)
販売価格 3,240円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって36年が経ち、邑書林を始めて28年が過ぎました。60歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top