北杜 青 第一句集 『恭』 (かたじけな)

目次

序文  中西 夕紀




跋 加藤 静夫


著者略歴
北杜 青  (きたもり せい)
昭和三十八年九月六日生
平成二年   「鷹」入会
平成十一年  「鷹」退会
平成二十四年 「都市」入会
平成二十七年 「都市」同人
平成三十年  第一回「朝涼賞」受賞

中西 夕紀 選 集中十五句
白魚の海の暗さを飯にのせ
雪雫魚屋のラジオテロ伝ふ
西行忌裸の影が服を着る
五月憂し光の束の通過駅
一八の風がむらさきとくやうに
螢火忌の雀の羽は日を濁し
ダンサーの足裏幼し吉行忌
片肌を脱いで幼くなりにけり
錆鮎の瀬頭に鰭立てにけり
丈高く枯れて芒の穂に光
夜半の秋自転車の影人乗せて
土踏まぬ日々の疲れや新豆腐
冷まじや磔刑に似る一芥
手をつなぐ子の浮きさうな冬日向
丹頂の影を小さく眠りをり

販売価格 2,420円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって42年が経ち、邑書林を始めて31年が過ぎました。63歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top