俳句史研究24号

「青門」と高木青二郎小寺昌平
和田悟朗人と作品『和田悟朗全句集」のことなど 久保 純夫
赤尾兜子人と作品  木割 大雄
鈴木六林男人と作品  岡田 耕治
平成二十八年資料探訪会高野山に森白象の足跡を訪ねる  朝妻 力
うちのの館(藤岡玉骨邸)公開奮闘記
俳人藤岡玉骨と登録有形文化財「藤岡家住宅」について  川村 優理
「俳句史研究」総目次 第1号から第23号まで

送料 100円かかります。
販売価格 1,019円(税込)
購入数


おすすめ商品


里2018年7月号

509円(税込)


里 2018年8月号

509円(税込)


里 2018年8月号

509円(税込)


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって37年が経ち、邑書林を始めて29年が過ぎました。61歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top