横沢哲彦句集 五郎助(ごろすけ)

序 小川軽舟
当世ののぞきからくり
さながらに、
そこにはさまざまな場面が
息づいている。
俗っぽいのになつかしい。
それぞれの場面に
横沢さんの人情と義憤が
沁みとおっているからだろう。
俗世の泥に
足をとられながら
一所懸命生きる者を
横沢さんは愛するのだ。

集中十句
而して父がわかりぬ蓬餅
烏の子見事に黒くなりにけり
牡丹鍋仕留めし銃が床の間に
転げ来しものどんと火に蹴り返す
へうたんも長女の恋も触れずおく
涅槃図へ泣かんばかりに近寄りぬ
青梅のやうやく嬰のふぐりほど
五郎助や寝つかれぬ夜は寝てやらぬ
梅雨鯰利口な奴が増えてゐる
紫陽花や母に宛てたる文の嵩
(小川軽舟 選)

著者略歴
横沢哲彦(よこざわ・てつひこ)
一九四二年 東京生れ
一九九八年 俳句結社「鷹」入会
二〇一二年 第三十回「鷹」新葉賞受賞
現在「鷹」同人、俳人協会会員
型番 838-8
販売価格 2,700円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって36年が経ち、邑書林を始めて28年が過ぎました。60歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top