平成秀句(河原地英武著)

鷹羽狩行・宇多喜代子ら重鎮から
北大路翼・佐藤文香ら若手までを
渉猟、網羅。
平成の俳句を彩るさまざまな才能を読む鍵がここにある。
 全二百二十三俳人
 新年、春、夏、秋、冬、無季・連作
 計三百九十九句収載!

著者より読者へ(「あとがき」より)
佳句に出会えば気分が高揚し、晴れ晴れとした心地になる。どこか広々とした世界へ連れ出してもらったような気がするのだ。ここに収録したのはどれもそういった、わたしにとって掛け替えのない句ばかりである。

河原地英武 かわらじ ひでたけ
昭和三十四年七月二日、長野県松本市生まれ。
東京外国語大学ロシヤ語学科卒。同大学院修士課程修了。
慶應義塾大学大学院博士課程単位取得満期退学。
現在、京都産業大学外国語学部教授(ロシア・東欧論等を担当)。
   東海学園大学非常勤講師(俳句創作を担当)。
   朝日カルチャーセンター名古屋教室講師(俳句講座を担当)。

平成十一年、「伊吹嶺」入会。栗田やすし主宰に師事。
現在、「伊吹嶺」副主宰。編集委員、国際部長、関西支部長を兼務。
   俳人協会会員。国際俳句交流協会監事。


型番 811-1
販売価格 2,052円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって36年が経ち、邑書林を始めて28年が過ぎました。60歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top