豈63号

◆ 特別作品
「緑濃し」池田澄子
「眉庵集」藤原龍一郎
「別件紺」打田峨者ん
「百題稽古」高山れおな
「光冠病」 山崎十生

◆新鋭招待作家作品

◎大本義幸追悼
大本義幸・望郷と酸  藤田踏青
ヴァルネラビリティの詩学ー大本義幸の「声」と「薄氷」 堺谷真人

◆創刊40周年記念座談会 「豈」の創刊前後 
大井恒行・藤原龍一郎・堀本吟・ (司会)筑紫磐井

◆特別寄稿  象潟の蚶満寺かな蟬時雨 我がルーツと俳句2  わたなべ柊

◆書評 田中葉月句集『子音』評  藤原龍一郎
型番 9784897099057
販売価格 1,100円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって42年が経ち、邑書林を始めて31年が過ぎました。63歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top