赤野四羽句集 夜蟻〈よるあり〉6月下旬刊行

〈禁断の詩型への挑戦〉
平成28年度現代俳句新人賞受賞
  →現代俳句協会のサイトで受賞作を読むことが出来ます。
平成30年三重県文化新人賞受賞

耽美 幻想 
風雅 諧謔
批評性………………
俳句は〈鍵〉であり
〈針〉であり
また〈指〉である
一句の中に
また
句群として響きあう
〈なにか〉

赤野四羽 あかの よつば 略歴
昭和五十二年(一九七七)七月二十三日、高知県高知市生まれ。
平成二十三年(二〇一一)東日本大震災および福島第一原発事故に衝撃を受け、
            散文では表現しきれない「なにか」を託して句作を始める。
平成二十七年(二〇一五)ミニ句集『世界を俳に』をマルコボ・コムより上梓。
平成二十八年(二〇一六)「王土」三十句にて第三回摂津幸彦記念賞、佳作入選。
同年          「命を運ぶ」三十句にて第三十四回現代俳句新人賞を受賞。
平成三十年 (二〇一八)第十七回三重県文化新人賞を受賞。
無所属
販売価格 2,160円(税込)
購入数


About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって37年が経ち、邑書林を始めて29年が過ぎました。61歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top