[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [119] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

青木亮人「その眼、俳人につき  正岡子規、高浜虚子から平成まで」

2,090円(税込)
SOLD OUT

本年度(2014年)愛媛県出版文化賞大賞受賞 ・〈現代俳句研究〉という未踏の曠野に切り込む若き学才が近現代俳句の〈眼〉へ果敢に迫る意欲作!


加藤楸邨 野哭

990円(税込)
SOLD OUT

1959年刊行の第七句集の文庫化 解説=今井聖 著者は1905年生まれ、水原秋桜子門、人間探究派の一人。 昭和15年より晩年まで「寒雷」を主宰した。 蛇笏賞・詩歌文学館賞、朝日賞などを受賞、1993年死去。日本芸術院会員。


石部明集

1,430円(税込)
SOLD OUT

『遊魔系』全句「冬の犬」、散文「川柳革新の出発」ほか収録。 初期作品「馬の胴体」が圧巻。 1939年生まれ、岡山県在住。



前田一石集

1,430円(税込)
SOLD OUT

『てのひらの刻』抄、 散文「想いのなかで……そして」ほか収録。 1939年生まれ、岡山在住。


畑美樹集

1,430円(税込)
SOLD OUT

『雫』抄、「セレクション2005」 散文「柳の家」ほか収録。 1962年生まれ、長野県伊那在住。


歌句集 隆(りゅう) 米岡隆文

2,618円(税込)
SOLD OUT

たわむれに浮かんでいるのかと思う棺の中に納まれる父 …………………………………………………………………… さびしらに世の混沌と不条理に身を置きつつ 此岸と彼岸を隔つ川へ歌と句を投げ入んと試みてきた 作者の放つ真摯なる諧謔の新歌句集 …………………………………………………………………… 樹や椅子の裏側にゐる季節かな 「藍」「里」同人(別号・湾夕彦) 短歌を高安国世に学ぶ 大阪守口在住



現代短歌100人20首

2,860円(税込)
SOLD OUT

昭和13年生まれの歌人、浜田康敬・佐佐木幸綱・春日井建を上限に、編集委員、小池光・今野寿美・山田富士郎が激論のすえに選んだ現代歌人100人から、作歌心情30字+自選20首の提出を得て、現代短歌の成果を網羅する。


短歌、wwwを走る

2,200円(税込)
SOLD OUT



大津仁昭第七歌集……改命

2,860円(税込)
SOLD OUT


小早川忠義歌集-シンデレラボーイなんかじやない

2,618円(税込)
SOLD OUT

十代後半から二十代半ばまでの青春時代の大半を費やし、 且つ信じて止まなかった短歌という詩形に対して、 ひとつの区切りを付ける(「あとがき」より) 馬鹿ならば馬鹿とでも言へ小ぎつねは木の上に生る葡萄は食へず S44生まれ 大学在学中より8年間「心の花」に在籍 現在、俳句結社「童子」会員


原田千万歌集 風に帰らむ

2,860円(税込)
SOLD OUT



村野幸紀著 歌びとたち

2,750円(税込)
SOLD OUT


土橋磨由未歌集 二人唱

2,750円(税込)
SOLD OUT


高橋みずほ歌集 しろうるり

2,750円(税込)
SOLD OUT



江原玲歌集 暗緑の森

2,970円(税込)
SOLD OUT


佐久間幸江 星の揺り籠

2,974円(税込)
SOLD OUT


小豆澤裕子句集 右目

2,860円(税込)
SOLD OUT

紅旗征夷非吾事とは絶対に言はない市井の人 すなはち俳の人小豆澤裕子の真骨頂は、 俳句に一抹の「毒」を盛ることにあつたのか。 ----------------------------------------------- 隙間より雛の右目の見えてをり  裕子 ----------------------------------------------- 事実を淡々と叙すといふしたたかさを見せるこの句をはじめ、 さまざまな物語を紡ぎだしうる懷の深さを示すデビュー句集



攝津幸彦選集

1,760円(税込)
SOLD OUT

第一句集『姉にアネモネ』全句ほか、全作品より800句を精選。インタビュー2本・略歴・書誌・索引を付し、俳句の現代を駆け抜けた著者の全貌を明かす、待望の決定版選集。→関連雑誌「俳句空間 豈」43号「特集・攝津幸彦没後十年」


熊子のラッパ  宮沢春花作(新作童話集)

1,320円(税込)
SOLD OUT

貧しかった でも豊かだった あの時代を伝えたい お爺ちゃん、お婆ちゃんからお孫さんへの大切な贈り物 昭和20年代の信州佐久、 豊かな自然の中でたくましく育つ 子どもたちを主人公に、 ちょっとしょっぱいお話28話 <第26回家の光童話賞佳作入選作品特別収録> 著者紹介 宮沢春花(みやざわ・しゅんか) 1947年南佐久郡臼田生まれ 佐久市下越在住 俳人 月刊俳句同人誌「里」同人 2012年、家の光童話賞佳作入選


木村哲也編 現代仮名遣い版 鶴彬全川柳 手と足をもいだ丸太にしてかえし

2,200円(税込)
SOLD OUT

石川県高松出身の川柳人・鶴彬(つる、あきら)が獄中で病死してから、来年で70年。鶴が[今の世]に問いかけるものを、一人でも多くの[今の人]に伝えるべく、現代仮名遣いに改訂した全作品集。


全 [119] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

About the owner

島田牙城

邑書林代表の島田牙城です。

編集者となって42年が経ち、邑書林を始めて31年が過ぎました。63歳になります。

2015年3月11日から、関西(兵庫県尼崎市南武庫之荘)に移転して新たな活動に入りました。

黎明期の東京目黒、成長期の信州佐久をへて、邑書林が今大きく羽搏こうとしています。

僕の大好きな日本語、言葉の魅力をこれからも発信し続けます。

句集・歌集・文集・小説・エッセイ・写真集・絵本など、どのような出版物もご相談を承っております。

お電話、メール、お問い合わせフォームなどから、お気軽にご相談ください。

あなたの本のお見積請求フォームはこちら

Top